2018年01月03日

2018年 ドンクの福袋ヾ(≧▽≦)ノ

食毎年恒例となっています、ドンクの福袋です。
当方ブログでは、年末年始になると「ドンク」「福袋」での検索がヒットします。
昨年は売り切れだったのですが、今年2018年は買えました。
でも、すでに40人ほど並んでいたようです。
さて、今年のドンク福袋の中はこんなの(≧∇≦)ノ彡

2018年 ドンクの福袋
2018年 ドンクの福袋 posted by (C)Crambom、
1袋、1,080円(税込)です。  ※シール2枚付き
毎年のことですが、ウサギは入っていません /(・x・)\
うにゃ、なんか少なくなったような気もします。
2016年のと比べてみると・・・クッキーが一つ無くなっているな。
下記の過去福袋記事から見ていただくと分かると思います。
福袋内容量もだんだん減ってきているんだな。
そして内容は2016年と変わり映えしていない(´‐ω‐`)

ニューイヤーブレッド
ニューイヤーブレッド posted by (C)Crambom、
ニューイヤーブレッド、定例で福袋に入っているパンです。
福袋限定でしか食べられませんが、普通なパンです。
もしかして、福袋内容考えるの飽きたのかな?
それと・・・なんとなく・・・このパンの大きさも小さくなったような気がします(´‐ω‐`)

キャラメルマーブルケーキ
キャラメルマーブルケーキ posted by (C)Crambom、
キャラメルマーブルケーキ、これも福袋定番です。
スポンジケーキなのですが、これはそれなりに美味しいのです。



それからどしたの?
ラベル:ドンク 福袋

2018年01月01日

2018年 明けましておめでとうございます(=゚ω゚)ノ

羽根つき明けましておめでとうございます♪
新しく迎えた2018年 
「幸多い一年になりますように」
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

クラムボンの蹄では新年早々楽しいお得なキャンペーンが盛りだくさん♪
★―――――――――★
新年スペシャル企画
「おみくじキャンペーン♪」開催!!
★―――――――――★
「大吉」「中吉」「小吉」がでたお客さまに、素敵な賞品をど〜んとプレゼント!!
期間中に下記URLより、1人さま1回おみくじを引くことができます♪


ってな某メルマガの文章をアレンジしてみました。
定例になりましたが、年に一度の登場!!
激しい羽根つきぺそぎんも登場です。
ちなみに上記の新年スペシャル企画「おみくじキャンペーン♪」やってみましたが・・・
和えなく玉砕、末吉でした。
年末ジャンボ宝くじも買ったんだけど、きっと当たってないだろうな(^▽^;)>゛
300円でも当たっていればいいな。

おせち1
おせち1 posted by (C)Crambom、
こちらも定例になりましたおせち紹介です。
どうぞ、ご照覧ください。

それからどしたの?
posted by Crambom at 16:55| Comment(12) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

今年もありがとうございました<(_ _)>

礼今年もあと9時間ほどで終わり。
大晦日の大つごもりでございます。
皆さま、忙しく過ごされていることでしょう。
私は定例通りおせち作りに勤しんでいます。
あとは、八幡巻きとブリの照り焼き作ってほぼ終わりです。
まったく、おせちってのは面倒でいけません(´‐ω‐`)
毎年、おせちを作り出すと決まって体調不良になります。
そのわけも大体分かってきました。
冬季限定高血圧と冷えのせいですね。
現在血圧を測ってみると140/85ほどになっていました。
まあ、動いていればそれくらいになることも・・・
それにちょっと前まで年齢+90ならOKだったからね。
冷え対策では今年アラジンのストーブを購入しました。
昔のものと違い性能が良くなって暖まりやすいです。


それからどしたの?
posted by Crambom at 14:57| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

2017年クラムボン大賞(≧∇≦)ノ彡

読簡単ではありますが、今年読んで面白かった本の発表です。
ですので、順位は特に付けません。
今年もたくさん本を読みました。
今年はおば友から借りた本が存外面白かったです。
早速ドラマになっちゃった本もありましたね。

陸王 池井戸潤:著
早速ドラマになっちゃった本です。
池井戸さんだから面白くないはずはない!!
下町ロケット風な作品でした。
ドラマと終わりがちょっと違ってましたが、本もドラマも面白かったです。

陸王 [ 池井戸潤 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/12/30時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


ストロベリーライフ 荻原浩:著
転職してイチゴ農家になる話。
家族&親戚との駆け引きがなんとも。
結局はハッピーエンドですけどね。

ストロベリーライフ [ 荻原浩 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/12/30時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


恩讐の鎮魂曲 中山七里:著
御子柴弁護士シリーズです。
3巻まで出ているのだけど、これが一番だな。
普通の弁護士じゃなく、少年時代に凶悪事件を起こした弁護士なんだ。

恩讐の鎮魂曲(レクイエム)/中山七里【1000円以上送料無料】
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/12/30時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


カエルの楽園 百田尚樹:著
賛否両論の多い百田さん。
これもちょいと逸話っぽい政治的な話なんだよね。
私もこの話には納得しちゃうよ。

カエルの楽園 (新潮文庫) [ 百田 尚樹 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2017/12/30時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 15:16| Comment(2) | 本についての話題 | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

4949 黒潮が閉店だってo(TヘTo)

悔悲しいお知らせです。
クラムボン御用達だった(小型激安スーパー)黒潮が突然閉店することになりました。
ブログのアクセス先を見ていても急に「黒潮」の話題に集中していた。
何事かと思えば閉店なんて惨うございます。
ついこないだ行ったときは「年末までやってます。来年は4日(?)からです」ってなポスターが貼ってあったのに。
今日行ったら今年で閉店だってΣ( ̄ロ ̄lll)
黒潮、閉店だってΣ( ̄ロ ̄lll)
黒潮、閉店だってΣ( ̄ロ ̄lll) posted by (C)Crambom、
残念無念であります。
断腸の思いです。
安くて通いやすくそれなりの商品だったのでよく利用していたのですけど。
値段リサーチのスーパーとしても利用していたのに。
イカリのドレッシングが89円。(田中青果で98円)
リッツやオレオが118円だったかな?(新モデルOKで138〜158円)
これ最近無くなっていたんだよね。
国産豚モモ・肩ロース切り落とし100g98円。(セールじゃなく毎日)
豚肉はほぼ黒潮で買っていたのに。
これからはまた田中青果にシフトするようになるだろうな。
ってなこで、20%オフセールが開催されていました。
閉店セールで20%引き!!o(TヘTo)
閉店セールで20%引き!!o(TヘTo) posted by (C)Crambom、
ストックできるものは買ってきました。
っが、結構棚はガラガラになってきていました。
ちょうど5年間通いました、ありがとうございました<(_ _)>
でも、やっぱり残念だ o(*≧д≦)o″))

それからどしたの?
ラベル:閉店 黒潮
posted by Crambom at 14:56| Comment(0) | 食いしん万歳na話題 | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

ビブリア古書堂の事件手帖7 〜栞子さんと果てない舞台〜 三上延:著

読ビブリア古書堂に迫る影。奇妙な縁で対峙することになった劇作家シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。そこには女店主の祖父による巧妙な罠が張り巡らされていた。日本で一番愛されるビブリオミステリ、ここに完結。
★★☆☆☆ シェイクスピアの古書、本物はどれ?
歓び以外の思いは/わたしはわたしではない/覚悟がすべて の全3話。
と言っても短編ではなく繋がっている話です。
そうそう、説明文が何故か「ビブリオミステリ」になっている。
何時からビブリオになったんだ?
実は腸炎でしたってなオチ?

今回は万能鑑定士並なお話です。
シェイクスピアの古書のファースト・フォリオ。
10年前に栞子の母、智恵子がいなくなったきっかけを作ったのがこの本だったそうだ。
智恵子の父、久我山尚大が嫌がらせに作った偽の本。
尚大、かなり性格がひん曲がってます(´‐ω‐`)
黒・白・赤・青4冊の本の中に本物が一つある。
黒の本は、すでにもう違っていると分かっている。
尚大はもう故人なので当時の番頭さん的な吉原が対応?
吉原、3冊の本を競りにかけた。
だが、競りは栞子だけじゃなく、智恵子も参戦。
青、赤、白の中に本物はあるのか?
本物を競り落とせなかったら、ビブリア古書堂倒産ですΣ( ̄ロ ̄lll)


それからどしたの?
posted by Crambom at 14:12| Comment(2) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

かなり疲れたのでブログほぼ停止します(´‐ω‐`)

なんか異様に疲れたのでブログ更新するのが面倒になっている。
お正月明けまで更新しないかもしれません。
まじ、疲れた(´‐ω‐`)

今日も年賀状印刷をしたのだが、久しぶりにプリンターと年賀状ソフト使ったらおかしくなった。
カラーのインクも無くなっていたりするし。
プリンターは用紙をインクジェット用にするとインクが出ないし。
これが一番意味不である。
ソフトは印刷実行が何故かできなかったりするし。
1つ仕事するのに3つも4つも下準備が怠い。
posted by Crambom at 12:19| Comment(4) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

焦がしにんにくのマー油と葱油の香るザ★チャーハン 味の素

食味の素の焦がしにんにくのマー油と葱油の香るザ★チャーハンってのを買った。
何とも名前が長い商品です。
黒い袋に金の文字なので目立つんですよね。
焦がしにんにくのマー油と葱油の香るザ★チャーハン
焦がしにんにくのマー油と葱油の香るザ★チャーハン posted by (C)Crambom、
以前から美味しそうだなと思っていたんだ。
色々価格リサーチしていたらOKが299円だったかな?一番安かった。
はてさて、本当に美味しいのだろうか?

チャーハン系のものって最近買ったことがなかったな。
せいぜい覚えているのが、あみ印食品の炒飯の素くらい。
あれってスープにもなるんだよな。
冷凍状態では
冷凍状態では posted by (C)Crambom、
あまりたくさん食べないで少量ずつ食べます。
小腹が減った時用だからね。
これは冷凍状態です。
1/4くらいの量です。
ネギと豚肉が見えます。


あみ印 炒飯の素 6袋入り
価格:108円(税込、送料別) (2017/12/17時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

それからどしたの?
posted by Crambom at 14:10| Comment(4) | 買った食べ物 | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

焼きリンゴケーキを作る

フライパン
リンゴが残っていたのでちょっと加工してみました。
ジャムにするほどじゃないから、ケーキにしましょう。
しかも、そんなに難しくないやつ。
以前、東京ガスのお料理教室で習ったレシピは簡単だ。
参考記事;2014年12月18日 おしゃれなメニューデホームパーティー♪ 東京ガス
こ〜ゆ〜物の時は紅玉の方がいいのだけど、あったリンゴは紅玉ではありませんでした。
焼きリンゴのケーキ
焼きリンゴのケーキ posted by (C)Crambom、
はい、あっさり焼きあがりました。
簡単に言うと、リンゴをバターと砂糖で炒めて、その上にホットケーキっぽい生地を乗せて焼くだけ。
両面焼けたら粉砂糖のお化粧。
でも、温かいうちにかけちゃうと粉砂糖溶けちゃうのよね。
リンゴにはシナモンが合います。

そうそう余談ですが、シナモンと言えば冷え性に良いんだって?
漢方でも桂皮ってのが入っているが、それはシナモンのことなのだ。
我が家に常備してある葛根湯にも入っています。
最近はこの話を聞いて、残っていたシナモンを使っています。
朝トーストに振りかけて焼いています。
私の冬季限定高血圧はどうも冷えからきているような気がします。
指先を温めてから測ると少し下がるからね。
参照記事;末端冷え性はシナモンで解決!?朝シナモンで巡りのよい身体に

ギャバン シナモンパウダー缶 80g
価格:497円(税込、送料別) (2017/12/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 15:01| Comment(4) | 作った食べ物 | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

三鬼 三島屋変調百物語四之続 宮部みゆき:著

読江戸の洒落者たちに人気の袋物屋、神田の三島屋は“お嬢さん”のおちかが一度に一人の語り手を招き入れての変わり百物語も評判だ。訪れる客は、村でただ一人お化けを見たという百姓の娘に、夏場はそっくり休業する絶品の弁当屋、山陰の小藩の元江戸家老、心の時を十四歳で止めた老婆。亡者、憑き神、家の守り神、とあの世やあやかしの者を通して、せつない話、こわい話、悲しい話を語り出す。「もう、胸を塞ぐものはない」それぞれの身の処し方に感じ入る、聞き手のおちかの身にもやがて、心ゆれる出来事が…。
★★★★☆ 三島屋白黒の間での変わり百物語
迷いの旅籠/食客ひだる神/三鬼/おくらさま の全4話
1話目の「迷いの旅篭」って日経朝刊連載されていたんだ。
今回は主なお話の中に以前から関わりのあった浪人武士の青野利一郎様が入り婿になる。
あおのりいちろう・・・青海苔一郎?
ルビを読んでいたら面白いことに今回になって気が付いた(^▽^;)>゛
それは余談だが、おちかは淡い恋心があったようなのに、気持ちは複雑。
その代わりなのか?新たに瓢箪古堂の若旦那が登場。
身分的にはこちらの方が町人なのであっているけど、今後どうなるかな?
次男の富次郎も戻ってきて三島屋も変わるかな?

第一話 迷いの旅籠
お化けを見た少女おつぎからの話。
お殿様の娘が亡くなったため毎年行っている行灯祭りが中止になった。
そんなことしたらあかり様が起こって災いが起こるよ。
村に絵師がやってきた。
名主の父親を離れに囲っていたのだが、もうすでに亡くなっている。
そこでこっそり行灯祭りを行おうとする村人。
絵師が村の人々を描いた。
すると、死者が甦ってきた。
名主の父親・おつぎの兄嫁になろうとしていたおなつ、ほかにもいろいろと出てきた。
悪さをするとかでもないのだが、甦ったものの縁者が一人植物人間になってしまう。
死んだものを懐かしむ人もいるが、眠ってしまったものをどうする気だ?

第二話 食客ひだる神
夏季休業のお弁当屋・だるま屋さんの話。
流行っているだるま屋さんのお弁当。
夏には何故かお休みするんだよね。
食中毒が怖いから休みなのか?いや、そうじゃない。
実は旦那にひだる神(食いしん坊の神様)ってのが憑いている。
目には見えないけど、肩あたりにいて影は見えるのだ。
商売繁盛したがあるときからお店に隙間風が吹くようになった。
家が傾いているのだ。
その理由がたくさん食べているひだる神が肥満になってしまったから。

三鬼 三島屋変調百物語四之続 [ 宮部 みゆき ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/12/15時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 14:52| Comment(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする