2018年02月06日

秋山善吉工務店 中山七里:著

読ゲーム会社を辞め、引き籠っていた史親の部屋からの出火で家と主を失った秋山家。残された妻の景子、中学生の雅彦、小学生の太一の三人は、史親の実家「秋山善吉工務店」に世話になることに。慣れない祖父母との新生活は、それぞれの身に降りかかるトラブルで災難続きの日々。一方、警視庁捜査一課の宮藤は、秋山家の火災は放火だったのではないか、と調べ始める―。大工の善吉爺ちゃん、大立ち回り!!昭和の香り漂うホームドラマミステリー。
★★★★★ 昔気質の善吉爺ちゃんの奮闘
太一、奮闘する/雅彦、迷走する/景子、困惑する/宮藤、追及する/善吉、立ちはだかる の全5話
火事でお父さんを亡くした秋山家。
お母さん(景子)と息子2人(雅彦・太一)は父方の実家秋山善吉工務店に転がり込んだ。
だが、そこにはとても怖いお祖父さん善吉がいた。
 
一 太一、奮闘する
火事で引っ越してきたお祖父ちゃんの家。
亡くなったお父さんと違ってお爺ちゃんは昔気質の怒鳴り声の飛ぶ大工だった。
景子と雅彦は、よく知っていて怖くて寄り付かなかったのだが、太一はほぼ初である。
太一は新しい小学校で早速いじめにあう。
いじめっ子に対抗する手段は?
仕返しする力より、護る力の方がずっと強い。
なかなかできることじゃないよね

二 雅彦、迷走する
雅彦は所謂不良である。
故に新しい中学校でも挑んでくる不良がいるが、返り討ち。
本人はそんな気ないのにね。
小遣い稼ぎをしたいと思ったがなんせ中学生。
バイトもできないと思っていたら、ちょい悪先輩がハーブ屋さんのバイトを紹介された。
割のいい仕事にはそれなりのリスクってものがあるのだ。
見えないのは探さないからだ。まさかぼうっと突っ立ってたら、向こうから明るい未来とやらがやって来るのか。ふざけるんじゃねえ。そういうのは自分で歩いて、草を掻き分けて、爪先立ちして探すもんだ
すんません、私は探してないんですねo(TヘTo)

秋山善吉工務店 [ 中山七里 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/2/6時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 14:18| Comment(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

櫻子さんの足下には死体が埋まっている11 蝶の足跡 太田紫織:著

読行き先も告げず、櫻子さんが消えた…。正太郎は担任の磯崎と、櫻子の親戚の薔子と共に、櫻子さんの足跡を辿り始める。誰も居ない櫻子の屋敷を経て、層雲峡の温泉地へ向った正太郎たちが見たものは……。
★★☆☆☆ 櫻子さんがいなくなったΣ( ̄ロ ̄lll)

今回のはどうも・・・(−_−)だな。
櫻子さんとばあやの梅さんが突然いなくなったんだ。
正太郎は、薔子さんや磯崎先生と共に探しにいくのだが、どう考えても過保護。
付き合ってあげる磯崎先生も先生だ。
櫻子さんは、君の何なんだ?
婚約者か?姉さんか?
櫻子さんもいい大人なんだから内緒で旅行に行ってもいいだろう。
 
蝶の足跡
交通事故を見た。
その事故で女性とお腹の赤ちゃんが亡くなった。
加害者側は飲酒運転のひき逃げなのだが、翌日出頭してきたので飲酒については不明になる。
これって酷い話だよね。
危険運転致死傷な上にひき逃げだよ。
出頭してきたとはいえ、納得のいかない話だ。
いや、お話の世界の中の話ではない。
実際、こ〜ゆ〜事故は多くなっているようだ。
被害者を放置して逃げるなんて最低最悪だo(`ω´*)o

それと並行して起こる櫻子さん行方不明。
旅行に行くと言っているのに、正太郎君ったら探し始めちゃう。
そんなこんなしていたら、また死体を発見。
櫻子さんと梅さんだったらどうしようΣ( ̄ロ ̄lll)



それからどしたの?
posted by Crambom at 15:02| Comment(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

ドS刑事 さわらぬ神に祟りなし殺人事件 七尾与史:著

読雑居ビルで男性の絞殺死体が発見。関係者の証言によると、被害者は“怨霊”に怯えていたという。黒井マヤは、従順な代官山とドMな浜田を引き連れて捜査に乗り出すが、黒百合学園の先輩でもある管理官の白金不二子と、捜査方法を巡って対立。実は不二子は「冤罪」というトラウマを抱えていた。そして、黒井家から恐怖のプロポーズを迫られた代官山の運命は―。新キャラクターが続々登場の、シリーズ最新作!
★★★★☆ 冤罪は良くないよね(´‐ω‐`)
今回はしょっぱなから代官様ピンチ💥
デートともパワハラともつかない同行からマヤの両親に引き合わされる。
両親を目の前にしてプロポーズを迫られ絶体絶命のピンチ!!
そこへ事件の一報が。
頭を殴られ雑居ビルに放置された死体を発見。
身元は判明したが、あまり評判がよろしくない被害者の絹川。
マヤの殺し方見立てからは、「殺し方はスマートじゃない、運んできたのはプロ」。
今回の管理官は百合学園の先輩でもある白金不二子。
白金の父は冤罪事件を起こしてしまったことが発覚。
不二子も冤罪をかなり気にかけている。
容疑者はあっさり出てくるのだが、これまた死体で発見。
警視総監に急かされて被疑者死亡、死人に口なしで捜査は終了するのかと思われた。

過去別件でいろいろと話が込み合う。
被害者遺族(蓬田)と加害者家族(宇根元)が同じ職場で出会った。
被害者家族も不幸だけど、加害者家族も不幸なんだよね((+_+))
被害者家族の息子は、冤罪だと独自に調べていた。
刃物で刺されたはずの被害者だが、容疑者とされる父は極度の刃物恐怖症。
調べているうちに宇根元の息子は殺される。

ドS刑事 さわらぬ神に祟りなし殺人事件 [ 七尾与史 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/1/6時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 14:47| Comment(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

ビブリア古書堂の事件手帖7 〜栞子さんと果てない舞台〜 三上延:著

読ビブリア古書堂に迫る影。奇妙な縁で対峙することになった劇作家シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。そこには女店主の祖父による巧妙な罠が張り巡らされていた。日本で一番愛されるビブリオミステリ、ここに完結。
★★☆☆☆ シェイクスピアの古書、本物はどれ?
歓び以外の思いは/わたしはわたしではない/覚悟がすべて の全3話。
と言っても短編ではなく繋がっている話です。
そうそう、説明文が何故か「ビブリオミステリ」になっている。
何時からビブリオになったんだ?
実は腸炎でしたってなオチ?

今回は万能鑑定士並なお話です。
シェイクスピアの古書のファースト・フォリオ。
10年前に栞子の母、智恵子がいなくなったきっかけを作ったのがこの本だったそうだ。
智恵子の父、久我山尚大が嫌がらせに作った偽の本。
尚大、かなり性格がひん曲がってます(´‐ω‐`)
黒・白・赤・青4冊の本の中に本物が一つある。
黒の本は、すでにもう違っていると分かっている。
尚大はもう故人なので当時の番頭さん的な吉原が対応?
吉原、3冊の本を競りにかけた。
だが、競りは栞子だけじゃなく、智恵子も参戦。
青、赤、白の中に本物はあるのか?
本物を競り落とせなかったら、ビブリア古書堂倒産ですΣ( ̄ロ ̄lll)


それからどしたの?
posted by Crambom at 14:12| Comment(2) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

三鬼 三島屋変調百物語四之続 宮部みゆき:著

読江戸の洒落者たちに人気の袋物屋、神田の三島屋は“お嬢さん”のおちかが一度に一人の語り手を招き入れての変わり百物語も評判だ。訪れる客は、村でただ一人お化けを見たという百姓の娘に、夏場はそっくり休業する絶品の弁当屋、山陰の小藩の元江戸家老、心の時を十四歳で止めた老婆。亡者、憑き神、家の守り神、とあの世やあやかしの者を通して、せつない話、こわい話、悲しい話を語り出す。「もう、胸を塞ぐものはない」それぞれの身の処し方に感じ入る、聞き手のおちかの身にもやがて、心ゆれる出来事が…。
★★★★☆ 三島屋白黒の間での変わり百物語
迷いの旅籠/食客ひだる神/三鬼/おくらさま の全4話
1話目の「迷いの旅篭」って日経朝刊連載されていたんだ。
今回は主なお話の中に以前から関わりのあった浪人武士の青野利一郎様が入り婿になる。
あおのりいちろう・・・青海苔一郎?
ルビを読んでいたら面白いことに今回になって気が付いた(^▽^;)>゛
それは余談だが、おちかは淡い恋心があったようなのに、気持ちは複雑。
その代わりなのか?新たに瓢箪古堂の若旦那が登場。
身分的にはこちらの方が町人なのであっているけど、今後どうなるかな?
次男の富次郎も戻ってきて三島屋も変わるかな?

第一話 迷いの旅籠
お化けを見た少女おつぎからの話。
お殿様の娘が亡くなったため毎年行っている行灯祭りが中止になった。
そんなことしたらあかり様が起こって災いが起こるよ。
村に絵師がやってきた。
名主の父親を離れに囲っていたのだが、もうすでに亡くなっている。
そこでこっそり行灯祭りを行おうとする村人。
絵師が村の人々を描いた。
すると、死者が甦ってきた。
名主の父親・おつぎの兄嫁になろうとしていたおなつ、ほかにもいろいろと出てきた。
悪さをするとかでもないのだが、甦ったものの縁者が一人植物人間になってしまう。
死んだものを懐かしむ人もいるが、眠ってしまったものをどうする気だ?

第二話 食客ひだる神
夏季休業のお弁当屋・だるま屋さんの話。
流行っているだるま屋さんのお弁当。
夏には何故かお休みするんだよね。
食中毒が怖いから休みなのか?いや、そうじゃない。
実は旦那にひだる神(食いしん坊の神様)ってのが憑いている。
目には見えないけど、肩あたりにいて影は見えるのだ。
商売繁盛したがあるときからお店に隙間風が吹くようになった。
家が傾いているのだ。
その理由がたくさん食べているひだる神が肥満になってしまったから。

三鬼 三島屋変調百物語四之続 [ 宮部 みゆき ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/12/15時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 14:52| Comment(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

ヒポクラテスの憂鬱 中山七里:著

読埼玉県警のホームページにある掲示板にコレクター(修正者)と名乗る人物からの書き込み始まった。コレクターは事故死や病死で処理されそうな遺体の解剖を促す書き込みをする。埼玉県警の要請を受け、浦和医大法医学教室の光崎教授と研修医の真琴は真相を確かめるため解剖を行うが――。
★★★★☆ コレクターは正義の味方か?はたまた?
堕ちる/熱中せる/焼ける/停まる/吊るす/暴く の全6話。
ヒポクラテスの誓いの次作です。
さいたま市を中心に色んな事件の裏を暴いていく。
今回はコレクターなるものがネット投稿してくる。
投稿内容は事件性なしと判断されたものの中から実は事件じゃないの?ってな案件を書いてくる。
単純に正義の味方か?解剖費が少ないことへの憤りか?それとも?
古手川刑事と真琴先生(?)が事件を解明する。
本当は光崎藤次郎教授だけどね(^▽^;)>゛

堕ちる
さいたまスーパーアリーナで開催されたアイドルコンサートで当のアイドルが落下事故。
普通なら単純に残念な落下事故として終わらせられたのだが。
コレクターなるものから「本当に事故死だったのか?修正を希望する。」との投稿。
調べているうちに16歳アイドルなのに・・・o(TヘTo)
よくこけるのが症状?


熱中せる
3歳の女の子が自宅近くにて熱中症で死亡した。
ところが実は両親がパチンコしていて車の中に放置したから。
パチンコ屋さんの証拠画像もあるのだが・・・
そしてまたまたどんでん返しが (#`Д´)ノ
なんて母親だろう!!
子供を産んだことがないと言うだけで半人前扱い?
お前など生んだだけ身勝手な理由で殺したのだから鬼畜だろう。
キャシー准教授、人を怒らせることを的確にポンポン言ってくれます。


焼ける
新興宗教の教祖様がウェルダンの焼死体で見つかった。
どうやら放火殺人と言うことになりそうだ。
これも異常死なので解剖…と行くのだが、信者たちが黙っていない。
教祖さまなのに原因は痴情のもつれか?
教祖様だから復活するとでも思っているのか?

ヒポクラテスの憂鬱 [ 中山七里 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/10/4時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 15:00| Comment(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

バリ3探偵 圏内ちゃん3 凸撃忌女即身仏事件 七尾与史:著

読有名忌女(=既婚女性)のガリガリ遺体発見をきっかけに、かつてない盛り上がりを見せるネット掲示板「忌女板」。容疑者はある“糖質制限ダイエッター”。忌女たちがネットとリアルで徹底的なスネーク(尾行)を敢行する一方、圏内ちゃんは忌女板に隠された奇妙なサインを見つけて―。天才コミュ障探偵、AI(人工知能)と対決!?おどおどしつつ大胆不敵に前代未聞のバトル勃発!
★★★☆☆ 圏内ちゃんは拉致られた忌女を救えるか?
いつも通り、忌女板で盛り上がる。
でも、今回はその有名忌女が殺された。
ってか、ガリガリに痩せた状態で死んでいた。
昔、即身仏を信仰し事件を起こした新興宗教が怪しいという流れ。
今はもう解体された・・・が、別の形で宗教団体は残っている。
当時その宗教に帰依していた糖質制限ダイエッター・有名動画サイト運営者ミワケンが怪しいと。
糖質制限ダイエッター=即身仏って考え?
忌女たちはスネークしたり、クレーム入れたり。
宗教団体に凸撃デモをしたんだけど、そこから忌女7人が新たに行方不明に。
宗教団体が怪しいのか?
ミワケンが怪しいのか?
ミワケンってのは、ユーチューバーみたいな感じのことをしている。
元にクレーム入れてサイトが凍結されてしまった。
動画サイト収入で食べているミワケンは・・・ゝ( ̄□ ̄;;)Ξ(;; ̄□ ̄)ノノ



それからどしたの?
posted by Crambom at 15:02| Comment(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの<叫び> 松岡圭祐:著

読出発点となったリサイクルショップ“チープグッズ”に戻った凛田莉子。ムンクの絵画「叫び」の盗難事件を機に、過去最難関の謎へと導かれる。事件を追ううち、探偵になった小笠原悠斗との心のすれちがいにも真意が見えはじめ…。人の死なないミステリ「万能鑑定士Q」シリーズ、遂にここに完結。
★★★★☆ ムンクの「叫び」が盗まれた!破られた!!
万能鑑定士Qを閉店させ、元のチープグッズに戻った莉子。
瀬戸内さん絶賛獄中だからお手伝いってのもあるのかな?
チープグッズではまたどうでもいいような鑑定をしてほしいってお客が来る。
木彫りの熊と鮭の置物って北海道のものだと思っていたけど、ベルンの民芸品が元なんだね。
小笠原君も何故か探偵になっている。
そんな二人はだんだんすれ違って。
どうして、小笠原君は探偵なんかになったんだ( ˘•ω•˘ )

今回は極秘にやってきたムンクの「叫び」が盗み出された。
単に盗まれたなら探せ!!でいいのだけど、4つに破かれた。
そんな名画をなんで破くかな?
その頃、知り合いになった絵画修復師植村。
過去にも名画を直したことがあるそうで、独特の直し方するらしい。
4つに破かれた絵は、ヒントから在処を探すのだが、最後の1つが分からない。
3つは莉子が見つけたんだけどね。
植村は「叫び」を直せるのか?


それからどしたの?
posted by Crambom at 15:24| Comment(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

まことの華姫 畠中恵:著

読江戸は両国。暮れても提灯の明かりが灯る川沿いの茶屋は、夜も大賑わい。通りの向こうの見世物小屋では、人形遣いの芸人、月草の名が最近売れてきている。なんでも、木偶の姫様人形、お華を相方に、一人二役の話芸を繰り広げるのだという。それも、話芸が目当てというより、お華に会いに来るお客が多いというのだ。何故なら。“まことの華姫”は真実を語る――
★★★★☆ 人形遣い月草と姫様人形お華の迷コンビが江戸の事件を快刀乱麻!
序/まことの華姫/十人いた/西国からの客/夢買い/昔から来た死/終 の全7話。
実質、5話だけどね。
お夏のおとっつさんは山越の親分さん。
管轄地区には、見世物小屋があり、今流行りの人形遣い月草と姫様人形お華がいる。
所謂、腹話術みたいな芸だ。
お夏は職権乱用(?)して2人と仲良くなる。
華姫は月草が最後に作った大きな人形。
華姫の眼は真の井戸から引き上げた水を固めたような玉二つを使用。
故に華姫は真実を見通すと噂になり人気も上々。

まことの華姫
お夏とお華の出会いの事件。
実は、お姉さんがいたんだけど、川で溺れて死んじゃったんだ。
事故なのか?自殺なのか?はたまた殺人なのか?
あやふやなのをお華に直談判。

十人いた
親分仲間の柳原親分。
昔、火事で見失った子供が2人いた。
7年も経ってから捜索を再開したら10人も候補者が現れた。
中には年の合わない子、叔父がいる子など暴かれて・・・
子供のことに熱心になるのは仕方ないけど、みんなのことも考えてあげないとね。



それからどしたの?
ラベル:まことの華姫
posted by Crambom at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

櫻子さんの足下には死体が埋まっている10 八月のまぼろし 太田紫織:著

読正太郎の家の前に置かれたカラスの死体。誰が、何のために。また、人気キャラ、薔子の親友に纏わるおそろしくも美しい謎とは。ひたひたと忍び寄る花房の気配、そして正太郎と櫻子に転機が。
★★★★☆ またカラスの死体が庭に投げ込まれたΣ( ̄ロ ̄lll)
片羽の烏/雨降る夜の怪異/八月四日のリジー・ボーデン の全3話。
今回も色んな事件が起こるのかな?

第壱骨 片羽の烏
正太郎っちの庭にカラスの死体が投げ込まれた。
前にも一度そんなことがあったが、あの時はワンコの恩返しだった。
しかし、そのワンコももういないのに・・・
そのカラスの死因は溺死。
犯人が分かったのだが、あまりに身勝手だわo(`ω´*)o
他人の幸せを壊す権利なんて誰にもない。
しかも、勘違いだし!!
正太郎の「運転免許を取ったら一番にドライブ付き合ってくれますか?」ってのに約束は果たせないと思っている。
櫻子さん、いなくなっちゃうのかなo(TヘTo)
「僕には三千世界の烏は殺せない」って何かと思えば都都逸なんだ。
正しくは「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」by、高杉晋作


それからどしたの?
posted by Crambom at 15:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

GOSICK GREEN 桜庭一樹:著

読新大陸に到着した早々、難事件を次々解決したヴィクトリカと一弥。開業したグレイウルフ探偵社には早速、依頼人が殺到。脱獄した伝説の銀行強盗・KIDと、マンハッタンの中心にある広大な公園・セントラルパーク。この二つに関する厄介な依頼にヴィクトリカが目を白黒させる中、見習い新聞記者となった一弥も、セントラルパークへ初の取材に向かう。二人の仕事は、思わぬところで大きな陰謀へと繋がって…?奇跡の名コンビが、またもN.Y.中を巻きこむ大活躍!?探偵社編、最新作!
★★★☆☆ 脱獄した銀行強盗・KIDが仕事再開する?
今回はグリーンです。
レッド・ブルー・ピンクときてグリーンです。
4冊目になりますが、話が前後しているようです。
ブルー・ピンク・グリーン・レッドが、時系列になっているかな?

今回は、一弥とヴィクトリカが仕事を始めた頃です。
一弥は相棒となるニコとの初めての出会い。
あまり、いい印象ではなかった様子。
ヴィクトリカは探偵の広告も出してしまったため依頼人が殺到。
料金格安、迅速解決!!なんて書いちゃうから?
と言っても、本当にあっという間に片付くようなものもあり。
我々は、賢いのである!!知恵の泉のお陰である(゚∀゚*)b
ちょいと残った案件が「セントラルパークの失われた地図」と「脱獄囚KIDじいさんを探せ」
それとは別に1ドル紙幣の独白がある。
収集家のもとで観賞用にされていた1ドル紙幣が一弥の手に・・・
逆に収集家さんは一弥の国の紙幣をゲット。
黒い烏帽子に顎髭姿っときたら、こりゃ聖徳太子だね。


それからどしたの?
ラベル:GOSICK
posted by Crambom at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

恩讐の鎮魂曲 中山七里:著

読韓国船が沈没し、251名が亡くなった。その事故で、女性から救命胴衣を奪った日本人男性が暴行罪で裁判となったが、刑法の「緊急避難」が適用され無罪となった。一方、医療少年院時代の恩師・稲見が殺人容疑で逮捕されたため、御子柴は弁護人に名乗り出る。稲見は本当に殺人を犯したのか?『贖罪の奏鳴曲』シリーズ最新作!!圧倒的迫力のリーガル・サスペンス!
★★★★★ かつての恩師稲見が殺人を犯したΣ( ̄ロ ̄lll)
少年時代に殺人を犯して少年院に入っていた御子柴は稲見のお陰もあって立派に更生した。
見事に弁護士にまでなった。
しかし、昔に殺人を犯した〈死体配達人〉の名が2作目の「追憶の夜想曲」でバレてしまった。
悪徳敏腕弁護士なのに仕事激減。
まあ、普通はそんな弁護士に頼みたくはないわな(´‐ω‐`)
そこへかつての恩師稲見が殺人を犯したと知った。
相手は稲見が入所している老人ホームの栃野介護士。
稲見自身は御子柴に弁護してもらおうとは思ってないのに、そこは「悪徳」と名前が付くxxで弁護人の座を奪取する。
弁護しても稲見自身が「ちゃんと罪を償う」と言って、情状酌量になるようなことを一切言わない&言っても最後に否定する。
実はこの老人ホーム、入居者たちを虐待していた。
発端はそこなのだが、警察や検事はそこまで把握していなかった。
これにより刑法第37条の「緊急避難」ってのが浮上。



それからどしたの?
ラベル:恩讐の鎮魂曲
posted by Crambom at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

追憶の夜想曲 中山七里:著

読少年犯罪の過去を持つ、「悪辣弁護士」御子柴礼司が甦った! 岬検事との法廷対決の行方は?豪腕ながらも、依頼人に高額報酬を要求する“悪辣弁護士”御子柴礼司は、夫殺しの容疑で懲役十六年の判決を受けた主婦の弁護を突如、希望する。対する検事は因縁の相手、岬恭平。御子柴は、なぜ主婦の弁護をしたのか? そして第二審の判断は……
★★★★☆ 御子柴弁護士復活、今度は夫殺しの弁護?
『贖罪の奏鳴曲』で、逆恨みで刺され死んだかと思っていた御子柴弁護士が甦った。
生きていて嬉しいよ、面白い小説だからね。
しかし、どうしても「御子柴」って字面だとミコリンのイメージになりつつ。
俳優さんだと・・・堺正人・稲垣吾郎・草g君のイメージだな。
爬虫類顔の御子柴君で、何考えているか不明っぽいところが。

今度は何故か負け確定したような被告の弁護を引き受けた。
しかも、お金にならない弁護を、前弁護士を脅してまで。
世間一般に知られた事件で宣伝効果を狙っていると言うが・・・
御子柴弁護士は知る人ぞ知る悪徳弁護士。
別に今更宣伝しなくても(´‐ω‐`)
旦那・奥さん・長女・次女の家族で奥さんが旦那を風呂場で刺殺した。
旦那、会社をリストラされてろくに就職活動せずデイトレーダー。
自分は凄い人間だと思いつつ、引きこもり状態で、株も塩漬け状態で大赤字。
我こそはエリートみたいな感じで生きてきた人が躓くと立ち直れなくなることがあるんだよねo(TヘTo)
会社が偉大なだけで、個人になったら誰も相手にしてくれない。
そして自分がいかに小さな存在だったかを思い知るのだ。
自尊心が高すぎるんだよ。
挙句に奥さんにはDV。
まあ、これなら殺されても仕方ないね。
旦那の父に現場を発見されあっさり逮捕となったのだ。
本人も犯行を認めている。
それをどうやって無罪にもっていくのか?

追憶の夜想曲 (講談社文庫) [ 中山七里 ]
価格:788円(税込、送料無料) (2017/5/12時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
ラベル:追憶の夜想曲
posted by Crambom at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

テミスの剣 中山七里:著

読昭和五十九年、台風の夜。埼玉県浦和市で不動産会社経営の夫婦が殺された。浦和署の若手刑事・渡瀬は、ベテラン刑事の鳴海とコンビを組み、楠木青年への苛烈な聴取の結果、犯行の自白を得るが、楠木は、裁判で供述を一転。しかし、死刑が確定し、楠木は獄中で自殺してしまう。事件から五年後の平成元年の冬。管内で発生した窃盗事件をきっかけに、渡瀬は、昭和五十九年の強盗殺人の真犯人が他にいる可能性に気づく。渡瀬は、警察内部の激しい妨害と戦いながら、過去の事件を洗い直していくが…。
★★★★☆ 渡瀬刑事、昔の冤罪事件を追う
いろんな話にちょくちょく登場する渡瀬刑事。
刑事としての出発点での痛い事件についてです。
要するに冤罪を起こしてしまったのです。
まあ、ありゃ先輩の鳴海がいけないんだよね。
犯人は楠木明大と決めつけて地獄の取り調べ。
相方の渡瀬は優しい刑事役をやって(役割分担)籠絡させる。
両親には国選弁護しを推薦する。
ゆえにやる気のない弁護士で結局反省の態度もないので死刑!!の判決が出た。
裁判でちゃんと言えば無罪になると信じていた楠木だった・・・
なんつっても証拠品までねつ造しちゃっていたから。
ので、獄中で自殺。
のちになって真犯人の迫水が同じような事件を起こし逮捕された。
渡瀬はちゃんと正そうとするのだけど、他の人はねぇ。
相棒の亀ちゃんがやられた袋叩きにあったりします。
まさに都合の悪いことは隠そうとする体質ですね(; ・`д・´)
明大を裁判で死刑判決を支持した高裁の高遠寺判事(女性)。
ショックだったようだけど、「どちらを選択しても試練が待っています。自分自身の声に従いなさい。」 と。
渡瀬の尊敬する恩田検事は大きな花火を打ち上げてくれた。
「人を裁くのは権力の最たるものだ。だからこそ正義と一体でなければならず、不正は直ちに糺されるべきだ。」 と。

テミスの剣 [ 中山 七里 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2017/5/3時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
ラベル:テミスの剣
posted by Crambom at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

真実の10メートル手前 米澤穂信:著

読高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と 呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める……。太刀洗はなにを考えているのか? 滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執――己の身に痛みを引き受けながら、それらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。『王とサーカス』後の6編を収録する垂涎の作品集。
★★★★☆ フリージャーナリスト太刀洗万智の活動記録
真実の10メートル手前/正義漢/恋累心中/名を刻む死/ナイフを失われた思い出の中に/綱渡りの成功例 の全6編
フリージャーナリストの太刀洗万智が事件を解決!!ってことでもないです。
色んな人と組んで事件を解決へと導いていく。
決して主役風ではないんだよね。
一見冷たく見える容姿、でも本当に冷たいわけじゃない。
推理力・行動力抜群。

真実の10メートル手前
会社が破たんした。
その会社の美人広報担当の真理さんが失踪した。
別に広報ってことだけなので(社長の妹でもある)特にそんなに責任はないのにな。
フィリピン人のフェルナンド、もうちょっとしっかりしないと強制送還されちゃうぞ。

正義漢
電車のホームで飛び込みがあった。
そこで太刀洗は嬉々と取材を始める。
太刀洗は近くにいた男性に声をかけた。
「感想を聞かせてください。人を線路に突き落とした感想はいかがですか?」
もちろん、太刀洗は突き落とした瞬間を見たいわけじゃないんだ。
正義感がかなりズレているぞ(; ・`д・´)

真実の10メートル手前 [ 米澤穂信 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/4/24時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

どこかでベートーヴェン 中山七里:著

読ニュースでかつての級友・岬洋介の名を聞いた鷹村亮は、高校時代に起きた殺人事件のことを思い出す。岐阜県立加茂北高校音楽科の面々は、九月に行われる発表会に向け、夏休みも校内での練習に励んでいた。しかし、豪雨によって土砂崩れが発生し、一同は校内に閉じ込められてしまう。そんななか、校舎を抜け出したクラスの問題児・岩倉が何者かに殺害された。警察に疑いをかけられた岬は、素人探偵さながら、自らの嫌疑を晴らすため独自に調査を開始する。
★★★★☆ 豪雨の高校で殺人事件、でも校内じゃない(; ・`д・´)
ふむ、また音楽ものですか?
とも思ったが、こちらはそれほど音楽に精通していなくても楽しめる。
音楽科がある高校なんてどんなにハイソなんだ・・・と思ったらそうでもない。
普通科に受かれないような子がくるんだ。
なんだかな・・・(*_*)
でも、この学校にあるベヒシュタインはとっても良いピアノみたい。
世界3大ピアノメーカーのひとつなんだ。
残念ながらヤマハは入っていない。
そんなピアノ弾きたさに岬君が転校してきた。
岬君と言えば転校生だよね(人´∀`*)
あれはサッカーだけど。
先生に言われ、岬くんベヒシュタイン弾いたらクラスメート退いちゃった。
あまりの実力の差に驚き。
井の中の蛙大海を知らず状態
だけど、この後には「されど空の高さを知る」って言葉もあるんだって。
知らなかったよΣ( ̄ロ ̄lll)
「高さ」じゃなく「深さ」「青さ」ってのもあるらしい。

どこかでベートーヴェン [ 中山七里 ]
価格:1598円(税込、送料無料) (2017/4/2時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 14:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

薔薇十字叢書 ようかい菓子舗京極堂 葵居ゆゆ:著

読「ここに集まる大人を基準に考えちゃあいけない。みんなちょっとどうかしてるからね」 目潰し魔事件後の夏休み、相談ごとを抱えた呉美由紀にそう言ったのは古書肆だったーー。ある日突然、京極堂に転がり込んだ和菓子職人の卵・粟池太郎。名店を復活させるべく古書店の軒先で妖怪和菓子露店を開くが、おとずれるのは相も変わらず自称探偵や売れない小説家ばかり。おまけに関口巽は、小さな少年とともに面倒な事件を持ちこんで!?一つ目小僧のみたらし団子、煙々羅の水蜜寒、幽霊カステラ、座敷童ぜんざい。奇妙な形の妖怪和菓子とお茶を片手に、京極堂こと中禅寺秋彦が日常に潜む秘密を暴く短編ミステリ6編。
★★★☆☆ 京極堂に来た和菓子職人のライトノベル。
京極さんが描いた話じゃないんだよ。
パロディと言うか、京極さん公認のシェアードワールド小説。
他に、中禅寺敦子のジュリエット・ゲェム、石榴の(京極堂の飼い猫))石榴は見た古書肆京極堂内聞 等があるようだ。
絡新婦の理に登場した呉美由紀(聖ベルナール女学院の女学生)と和菓子職人の粟池太郎が京極堂へやってくる。
そこへいつもの知人や変人がやって来て事件は起きるのだ。

第一話 みたらし団子/一つ目小僧
関口の妻雪絵が男の子を預かった。
ちょいと関口が面倒みるということになったが、持て余し京極堂へ。
すると男の子はいなくなった。
誘拐か?


第二話 水蜜寒/煙々羅
美由紀が京極堂へ出向いた理由。
それは、友達が黒魔術などの占いに傾向している。
美由紀は前の学校でこのことで大変な目になっているのだ。
美由紀のいう「この世のものではないもの」ってのは魔物じゃなく魔が差すってことなのにね。

閑 話 カステラ/幽霊
関口君、愛妻の雪絵にカステラを作ってあげるの巻。
雪絵:私、後悔だけはしたことないんです。
そんな風に思えたらどれだけ幸せだろう。
雪絵は関口のどこが良かったのだろう???


第三話 クリームあんみつ/ケサラン・パサラン
茄子の味噌あんまんじゅう・鯖の甘露煮あんこ載せ・・・ってどんな和菓子なんだ o(*≧д≦)o″))
美由紀に懸想そる青年が出てきて、粟池は狼狽える。

ようかい菓子舗京極堂 [ 葵居ゆゆ ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/3/17時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

バリ3探偵圏内ちゃん2 忌女板小町殺人事件 七尾与史:著

読“妻が自分の夢を応援してくれません。”小説家志望男による身勝手な投稿が悩める忌女(=既婚女性)たちの掲示板「忌女板小町」で大炎上。さらに、ある殺人事件との関連が疑われる。引きこもりの緑子、HN圏内ちゃんが挑んだネットとリアルが交錯する連続殺人―その謎は、超肉食女子刑事・小鞠&ドS刑事・黒井マヤとの推理対決の果てに、人知れず葬られていた悲劇につながった。
★★★☆☆ 忌女圏内ちゃんが事件を解決。
色んな殺人事件が起こっている。
圏内ちゃんが初めに関わったのが、忌女板に書かれていた投稿。
「会社辞めた、作家になったが、妻が理解してくれない。」
読んでみれば、別に売れているわけでもない。
しかも、奥さんに食わせてもらっている状態。
っで、執筆活動に集中したいと言って他のことはないもしない。
か〜〜〜〜ぁo(`ω´*)o それじゃ奥さんも怒りたくもなるよね。
どこの誰かを特定していたら・・・当人が死んじゃった。
他にもお見合いパーティー男のサクラ、不倫相手の女性、レーシック手術の医師、の死亡が・・・
死亡する前にはCGGAMEMFCFGさんからYou are Guityl!(お前は有罪だ)ってな書き込みがある。
確実に動機がある容疑者は悉くアリバイがある。
ただ・・・その容疑者は別の事件の犯人に容貌が似ていたりする。
まさかの交換殺人?
だけど、接点は???
CGGAMEMFCFGって?

別次元、小学校で「世界が平和になるにはどうしたら良いか?」みたいな課題が出た。
親切運動みたいな意見が出た。
優しくされたら、助けてもらったなら次の人に繋ごうって。
題して「カノンリレー」。
発案した三枝香音ちゃんに因んで名づけられた。

バリ3探偵圏内ちゃん(忌女板小町殺人事件) [ 七尾与史 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/3/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

月光のスティグマ 中山七里:著

読この傷痕にかけて、俺が一生護る。あの夜、誓いを立てた幼なじみは、時を経て謎多き美女へと羽化して現われた。特捜部検事となった淳平と、疑惑の政治家の私設秘書を務める優衣。追い追われる立場に置かれつつも、愛欲に溺れゆくふたり。だがある日を境に、淳平に暗い疑念が膨らんでいく。優衣、おまえは本当は誰なんだ?阪神淡路大震災と東日本大震災。ふたつの悲劇に翻弄された孤児の命運を描く、究極の恋愛サスペンス!
★★★★☆ 淳平・麻衣・優衣の三角関係と2つの地震
幼馴染の淳平・麻衣・優衣。
ちなみに、麻衣・優衣は一卵性の美人双子である。
3人は幼いころ近くの森で変質者に遭遇し、麻衣・優衣は額に傷を負った。
顔が同じなためこの変質者は二人同じ場所に傷をつけた。
スティグマとは何じゃらほい?と思ったが、この傷がそうなのね。
イエスが磔刑となった際についた傷。 奴隷や犯罪者の徴、烙印、刻印。ってことらしい。
どっちかというと前者の意味だろう。
それから月日は経ち中学生になり高校進学の進路を考えなくてはいけない
麻衣と優衣は美人姉妹となりあっちこっちから告られる。
しかし、二人ともすべて断る。
淳平にだけ執着する2人。
そして起こった阪神淡路大震災。
淳平と優衣を残して家族全滅(ノД`)・゜・。
二人は離れ離れになったのであった。
だけどね、震災の前日にはとても本当のこととは思えないことも起こったのだ。
それよか本人は優衣だと言っているが、麻衣の可能性もあるんじゃ…

月光のスティグマ [ 中山七里 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/2/22時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

贖罪の奏鳴曲 中山七里:著

読弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があった―。「このミス」大賞受賞作家による新たな傑作誕生。
★★★★☆ その弁護士、過去にかなり難あり((+_+))
御子柴礼司は金にがめつい弁護士で有名。
ちょっとした弁護士版BJっぽい?
でも、根本的に違うことがある。
御子柴は新しい名前で、本当は園部信一郎またの名を〈死体配達人〉。
少年院から出た後、司法試験に一発合格して弁護士をしているのだ。
この弁護士になった理由は少年院で一緒だった嘘崎雷也の「儲かる職業で、一度資格をとったら敗訴を続けようが犯罪を犯そうがはく奪されず、定年も無い」というのを聞いたからだ。
ただし、彼は亡くなってしまったo(TヘTo)

事件は、東條製材所の社長が死んだことによる保険金殺人?
お決まり通り妻が容疑者である。
そこへ加賀谷ってフリー記者が来て・・・殺された。
もともとこの記者評判が悪く強請をしていたとか。
ってことは、加賀谷も妻に殺された?
いや、その頃には捕まっているという鉄壁のアリバイが。
最初の出だしで御子柴が殺したような感じだったんだけど…
会社には、社員と先天性の脳性麻痺の息子が待っているぞ。

贖罪の奏鳴曲 [ 中山七里 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
ラベル:贖罪の奏鳴曲
posted by Crambom at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 推理・ミステリー小説 | 更新情報をチェックする