2019年04月09日

新紙幣一万円札に渋沢栄一(≧∇≦)ノ彡

驚新紙幣を正式に発表 一万円札の裏は東京駅
 麻生太郎財務相は9日、一万円、五千円、千円の紙幣(日本銀行券)を20年ぶりに刷新すると発表した。新札の肖像画には、一万円札が「資本主義の父」と呼ばれた実業家の渋沢栄一、五千円札は津田塾大創始者の津田梅子、千円札は「近代日本医学の父」といわれる医学博士の北里柴三郎を用いる。肖像画の変更は平成16年以来で、発行は令和6(2024)年度上期となる。
朝、ヤフーのニュースを見ると何やら知った名前が並んでいた。
渋沢栄一?あまりメジャーではないけど埼玉出身県民の偉人だ。
あとこの時代なら荻野吟子だな。
っで、何かと見ていると新紙幣1万円札に渋沢栄一が決まったと。
何と!驚き桃の木山椒の木だ!!
新紙幣になる事態、寝耳に水だ。
まあ、私が知らなくても世の中は動いているのだけど(^▽^;)>
しかし、この題名なんで『一万円札の裏は東京駅』なんだろう?
普通表の渋沢栄一を大きく出すところだろう(; ・`д・´)
1万円の渋沢栄一、5千円の津田梅子、千円の北里柴三郎
津田さんと北里さんは普通に有名だけど、渋沢さんは経済系の人と埼玉県民でなければあまり関わらないのかも。
でも、凄い偉い人で「日本資本主義の父」と呼ばれているのだ。
テレビなどでも明治時代の話だと時々登場するんだ。
決して主役ではないけど・・・所謂、あしながおじさん的存在。
今でも存在している色んな企業に携わっているの。
ネットで画像見ていると好々爺そのものだな(≧∇≦)ノ彡
そんで1万円札の裏は東京駅。
渋沢栄一は、埼玉県深谷市血洗島出身。
まさか、血洗島だっとはΣ( ̄ロ ̄lll)
血洗島って怖そうな地名でちょっと有名。
深谷駅駅舎は東京駅の赤レンガ駅舎をモチーフにしたデザインで、「ミニ東京駅」とも呼ばれるだよ。
今は深谷と言えば深谷ネギとふっかちゃんが有名だけどね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ふっかちゃん マウスパット ネギジェット
価格:648円(税込、送料別) (2019/4/9時点)



額面が数字になった。
今までは壱万円と大きく書いてあったのに、10000円になった。
まあ読めば分かるのだが、1000円と10000円が一見見分けづらい。
色やデザインで分かるのだが、漢字が小さくなって寂しいな。

裏面には一万円札が東京駅、五千円札は花のフジ、千円札は葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」の図柄が採用される。
東京駅ってのは明治の建物らしくていい感じだ。
藤の花はちょいと微妙。
一番良いのは神奈川沖浪裏だな。


有名な浮世絵で迫力ある波に富士山が見えるのが良い。
何か紙幣の裏って富士山は欠かせないものになっているのかしら。

この紙幣が使われ出すのは令和6(2024)年度上期なんだって。
オリンピックが終わってもうちょっとなのだ。
まだまだ先の話になるな。
ラベル:渋沢栄一
posted by Crambom at 15:09| Comment(0) | だってSAITAMAな話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。