2015年11月09日

ジャイロスコープ 伊坂幸太郎:著

読助言あります。スーパーの駐車場にて“相談屋”を営む稲垣さんの下で働くことになった浜田青年。人々のささいな相談事が、驚愕の結末に繋がる「浜田青年ホントスカ」。バスジャック事件の“もし、あの時…”を描く「if」。謎の生物が暴れる野心作「ギア」。洒脱な会話、軽快な文体、そして独特のユーモアが詰まった七つの伊坂ワールド。書下ろし短編「後ろの声がうるさい」収録。
★★★☆☆ 結末が特にないお話
浜田青年ホントスカ/ギア/二月下旬から三月上旬/if/一人では無理がある/彗星さんたち/後ろの声がうるさい の全7話。
最後の7話目で全ての話が繋がります。
とは言っても大きくつながるわけじゃないけどね。
伊坂氏らしい小説です。

浜田青年ホントスカ
家出した浜田君。
ふとしたことから相談屋で働くことに。
どうやらこの相談屋は相談相手の意見を尊重するようだ。
でも、かなり頭が切れるようだ。
あれって本当に死んじゃうのかな?((+_+))


ギア
謎の生物「セミンゴ」に追いかけられる。
1匹見たならば、10匹いると思え。
某黒光りするブリ虫とは違い、2匹目が10匹の中の1匹と言う可能性はない。
あれってやっぱり追いつかれてどうなっちゃうの?
ナウシカのオームを想像しちゃいます((+_+))


二月下旬から三月上旬
坂本ジョン、周りの人に迷惑をかけながら生きていく。
慈郎だけが付き合ってくれるお友達?
最後は、ジョン死んじゃうんだよね。
しかし、あの死に方は・・「後ろの声がうるさい」で予言されているΣ( ̄ロ ̄lll)



If
バスジャックに遭遇した。
「男性は降りろ」との指示に従ったが・・・本当にこれで良かったのか?
そしてまた、事件は起こった💥
相談屋、利用したのだろうな。


一人では無理がある
サンタクロース屋さんで働く松田。
かなりのうっかり者らしい。
男の子には鉄板(ほぼ間違いないという意味)プレゼントを勘違いして、本物の鉄の板を送るようなやつ。
屋台で焼きそばやでも始めるならともかく・・・
でも、それが結果オーライになるんだ。
しっかし、ずいぶん危ない目に合う子供だな。(^_^.)

彗星さんたち
新幹線の清掃員の話。
リーダーの鶴田さんが脳溢血でお家で倒れた。
掃除をしてると鶴田さんの一生が垣間見られるような出来事が。
でも、これって単純に想像よね・・・きっと。
清掃員の苗字がそれぞれの号車になっているのが楽しい。


後ろの声がうるさい
今までの人が新幹線の中で出会う。


「常にベストをつくせ、見ている人は見ている。」 by、パウエル国務長官
うん、確かにそうしたいのはやまやまだ。
しかし、他人が見ているからするのではなく、やることは責任もってやり遂げるって心構えの方が楽かも。
ベストは無理でもベターならなんとか(^▽^;)>゛

因みに、ジャイロスコープとは、物体の角度や角速度を検出する計測器。
【ポイント10倍】GYRO SCOPE

【ポイント10倍】GYRO SCOPE
価格:1,458円(税込、送料別)



posted by Crambom at 15:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 一般的な小説・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429332012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「ジャイロスコープ」伊坂幸太郎
Excerpt: 助言あります。スーパーの駐車場にて“相談屋”を営む稲垣さんの下で働くことになった浜田青年。人々のささいな相談事が、驚愕の結末に繋がる「浜田青年ホントスカ」。バスジャック事件の“もし、あの時…”を描く「..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2015-12-11 14:37