2014年10月05日

アクアマリンの神殿 海堂尊:著

読未来医学探究センターで暮らす佐々木アツシは、真実を隠して中学生活を送っていた。彼の業務は、センターで眠る、ある女性を見守ること。だが彼女の目覚めが近づくにつれ、少年は重大な決断を迫られる――。
★★★☆☆ 第一号冬眠者佐々木アツシの中学生活と第二号との生活
ナイチンゲールの沈黙で病気中で、モルフェウスの領域で冬眠することになった佐々木アツシくん。
無時に冬眠から覚め、目の病気も治りました。
冬眠中には睡眠学習でもの凄く頭良くなってしまったアツシくん。
でも、実際の生活はと言うと???
そこで、中学2年生から学校生活を始めることにした。
成績は普通にやればトップ間違いなしなんだけど、馴染むためにあえて手抜きをし100位を目指す。
マラソンとかならなんとか走りながら人数見てできそうだけど、テストってのはみんなの点数を予想しながらだからかなり難しいよね。
そんなテストを手抜きしているアツシを見破った子がいる。
麻生夏美って子なんだけど、この子が美人で型破りな子なんだ(成績はそれほど・・・)。
夏美と同盟を結んで円滑に学校生活を送るってなはずなんだけど。
色々、やらざる負えないことが出てくる。
文化祭なんか、よくこんなので流行るもんだわ。

コールドスリープ(冬眠)を作った、西野さん。
看護師長のショコちゃん。
コールドスリープ中の涼子さん。
色んな人に支えられているのだけど、アツシくん早く一人前にならなきゃね。





佳菜ちゃんが、亡くなってしまうのは悲しい。
テトラカンタス症候群(早く年を取ってしまう病気)で、小さい頃からの病院仲間。
こ〜ゆ〜病気って悲しいねo(TヘTo)

東雲高校ボクシング部の神倉くん、この子凄いね。
対戦して直ぐに片目しか見えてないってわかるんだもん。
その片目でボクシングするアツシも凄いけど。

シンク・イット・シンプル、迷った時は一番大切なことだけど考えて 夏美
迷い道クネクネになったら初心に帰ることが必要だね。
とは言え、迷いごとは一筋縄では解決しないよ。

「勇者になりたいのであります」なんて子供の頃に言っていたアツシくん。
勇者になれるのかな?


[海堂尊]新作小説「アクアマリンの神殿」 「バチスタ」の10年後描く
posted by Crambom at 15:17| Comment(2) | TrackBack(1) | 一般的な小説・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読みはじめてまず驚いたのは、青春小説だったことです。
テーマ自体は斬新でいいものと感じました。
次作も期待しています。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
Posted by 藍色 at 2017年04月14日 12:05
§  藍色様へ
ちょいと昔の作品ですね。
最近はあまり見かけなくなったような気がします。
なるほど、青春小説と言えばそうです。
お気楽な学園ものではないですが、青春してますね。
Posted by Crambom at 2017年04月14日 15:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406578850
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「アクアマリンの神殿」海堂尊
Excerpt: 長い“眠り”から目覚め、未来医学探究センターに独りきりで暮らす少年アツシ。 彼は正体を隠し騒がしい学園生活を送る一方、深夜には秘密の業務を行っていた。 それは、センターで眠る“女神”を見守ること。..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2017-04-14 11:59