2007年05月24日

氷川神社の怪鳥、バリケン

嬉大宮公園に行こうexclamation×2
でも、その前に氷川神社前を通った。
何か面白そうなものがあるようですよ。

面白い?怪しい鳥を見つけましたよ。
ビリケンならぬバリケン発見 目
たまに柵を飛び越えて園路を散歩しますが、自分で池に戻ります。
バリケン ガンカモ科
メキシコから中央アメリカを経て南アメリカのアマゾン地域にまで生息するノバリケンを家畜化した種である。体色は様々で、純白、純黒、黒白斑、白色で頭頂だけが黒色のもの等様々であるが、七面鳥のように嘴の基部から目の周囲にかけて赤い皮膚が露出しているのが特徴である。水の無い所でも飼うことができる。台湾アヒル、フランス鴨などの別名がある。雄は飛べないが、雌は6〜8m位は飛ぶことができる。各地の公園の池などに、食用に飼育されていたものが逃げ出し生息している例が見られる。
なんて、看板がある。
カルガモとバリケン

黒いのがバリケンねexclamation
なんか全然動かないんだよね┐(‘〜`;)┌
他のカルガモさんや鴨さんなんかは近づく逃げていくのに、網があるからですか?
動画撮っていても、時々ウトウトしている様子。
案外この氷川神社の沼でお気楽極楽な生活しているんでしょうかね?
このバリケンさんもどこかから逃げてきたんでしょうかね。
食用にされなくて良かったね。
ココにいれば安心だけど、飛び越えて車道に出て轢かれないと良いけど。
他にも、亀や鮒?鯉?が人が来ると餌でもくれるのかと寄ってきます。
カルガモさんも沼の外に出てお散歩していますよ。

そして、なんと 沼にスワンがいるヾ(´∀`*)ノ
って思ったら・・・なんと単なる白いレジ袋でした。
この間も与野公園の沼に白いレジ袋浮いていたけどなんか汚いよね。

拍手人気blogランキングへ揺れるハート
クリックの応援ヨロピク


バリケンさん、一度だけコックリしてるでしょ。

カルガモさんと鴨が仲良さそう。
でも、この手前にバリケンさんいてず〜〜〜っと動いてないんだよ。
posted by Crambom at 14:02| Comment(14) | TrackBack(1) | だってSAITAMAな場所 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かわいいですよね。
お腹のむちっとした鴨を見ると、抱きしめたい衝動にかられます。
…なんていいつつ、昨日鴨のロースト食べたんだけど(笑)
かなり油っこくて、胸焼けします。おいしいんだけどねー(話がそれた)
Posted by よーし at 2007年05月24日 16:36
雄は飛べないんですね・・・残念!
雌は飛べても6〜8M・・・この距離は”飛ぶ”でいいんでしょうか(笑)
ほとんど飛べないのに”氷川神社”まで頑張ってやってきたのかしら・・・
ひょっとしたらバリケンさん、≪命がけのウォーキング≫だったりして☆
動画、カワイイ♪バリケンさんの”うとうと”はナイスタイミング!
Posted by まあ at 2007年05月24日 19:33
> よーし様へ
ピヨピヨ歩いていて可愛いですよヾ(´∀`*)ノ
網さえ持っていれば捕まえられそうですよ。
抱きしめて・・・絞めて・・・鴨のローストに・・・
油っこかったの?それは料理の仕方の問題かな?
鴨も美味しいのは美味しいんだけどね。
Posted by Crambom、 at 2007年05月24日 20:17
> まあ様へ
雄は飛べなんだよ(T∀T)
ってことは、ヤツは雌なのかな?
6〜8メートルじゃ飛んだというよりも・・・なんかニワトリ並み。
やっぱり、誰か連れてきたのかな?
神社の前なのに車通り激しいですからね。

バリケンさん、ちょっとウトウトしてますよね。
同じ場所でのんびり日向ぼっこってな感じでしたよ(゚∀゚*)b
Posted by Crambom、 at 2007年05月24日 20:20
バリケンってはじめて見ました。
いるのも知らなかったです。
居眠りしてるなんて余裕ですね。
Posted by hirono at 2007年05月24日 20:42
> hirono様へ
私だって見るまで知らなかった。
知らないことなんてたくさんありますよ。
かなり、馴染んでいるご様子。
人間が何人も入れ代り立ち代り着ても微動だにしません。
大物なのかな(゚∀゚*)b
Posted by Crambom、 at 2007年05月24日 20:54
あっ! バリケン。こいつだろ。
http://blogs.dion.ne.jp/bd1log/archives/3270533.html

家畜が逃げたのだろうけど、食用になるんかな。そらん王子と葉ちゃんは食べません。
Posted by takahiro at 2007年05月24日 21:58
「(だいすけ君風に)バリケンって、美味しいのかなあ!?」
Posted by 内部正明 at 2007年05月24日 22:06
アヒルと鴨って同じ種類?
与野公園の亀は元気でしょうか。
Posted by かづ at 2007年05月24日 22:23
> takahiro様へ
あら、本当にこんなところにもバリケンがΣ(゚∀゚*)
しかし、日本で食用になったのかしら?
聞いたことないよね。
でも、誰かが繁殖させないと日本にいないだろうからね。
そらんや葉ちゃんが逃げ出しても精々カラスに遊ばれるくらいでしょう。
脱走しない方がいいと諭しておいてくださいね。
Posted by Crambom、 at 2007年05月24日 22:43
> 内部正明様へ
美味しいのかな?
七面鳥っぽいから同じ味かな?
でも、七面鳥って食べたことないし・・・
今度ニャンズに追いかけさせてみますか(^▽^;)>゛
Posted by Crambom、 at 2007年05月24日 22:45
> かづ様へ
鳥類 カモ目 カモ科で同じみたいですね。
マガモを家禽化したものはアヒル(家鴨)と呼ばれる。って書いてありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B4%A8

与野公園の亀は、この間のばらまつりで見てきましたよ。
沼の岩場で団体さんで甲羅干ししてました(゚∀゚*)b
噴水もお祭りとばかりにいつもより多く飛ばしてましたヾ(´∀`*)ノ
Posted by Crambom、 at 2007年05月24日 22:51
あはは、スワンじゃなくてレジ袋だったんですか(^o^)
笑っちゃったけど確かに汚いですよね〜・・
バリケンって初めて聞きました。
真っ黒な体に真っ赤な嘴が威圧感ありますね。
ポテッとしたお腹は可愛い♪

あ、五味さんの本って絵本なんですよ(^^;)
絵本だけど大人っぽい雰囲気のあるものです〜
Posted by 豆奴 at 2007年05月25日 13:26
> 豆奴様へ
そうなんです、クビを水の中につけているスワンちゃんかと思ってよく見たらレジ袋。
なんかやってられませんよ┐('〜`;)┌
捨てるくらいなら貰うなっつ〜の。

バリケンは私も初耳でした。
この写真じゃ大きさとか分からないだろうけど、結構デカイんだよ。
そんな鳥が、人の気配にも驚きもせず、ぼ〜っとしているんだよ。
不思議な光景だわ。
ポテッとしたお腹は、食用になるといわれるためだろうね。

五味さんの絵本は子供の読む絵本じゃないような気がします。
とは言え、3冊しか読んでないんだけどね(^▽^;)>゛
Posted by Crambom、 at 2007年05月25日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

バリケン
Excerpt: すみません、忘れてました。 コレが本当の大崎公園の子供動物園ラストです。 バリケンちゃんです。 氷川神社だけかと思ったらこっちにもいたよ。 こちらは1羽じゃない。 氷川神社の子は真っ黒黒輔だけどこちら..
Weblog: クラムボンの別荘
Tracked: 2009-04-25 22:00