2017年04月17日

アンマーとぼくら 有川浩:著

読休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、親孝行のため「おかあさん」と3日間島内を観光する。一人目の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、再婚した父も逝ってしまった。観光を続けるうち、リョウは何かがおかしいことに気がつく。かりゆし58の名曲「アンマ―」に着想を得た、書き下ろし感動長編。
★★★☆☆ リョウくん家族の回顧録
うにゃ、いつもの有川さんの甘々系ではない。
血の繋がらないおかあさんと一緒に沖縄3日間の観光をするんだ。
とは言え、おかあさんの職業は沖縄の観光ガイドなんだけど。

本当のお母さんは小学校の先生で進行性のガンで死んでしまった。
その頃は北海道にいたんだ。
お父さんは写真家。
お母さんが死んじゃって、お父さんはあっさり再婚を決めた。
今度は沖縄の女性だ。
綺麗な人だけど、こんなに早く再婚するのは納得がいかないリョウ。
「晴子さん」と呼んでいたのに「おかあさん」に変わる出来事がo(TヘTo)
この辺はちょっとSFチックだよね。
おかあさんとの観光だけど、どうしてお父さんが出てこないのかな?と思っていた。
そしたら、再婚してから4年でお天気系の事故で逝っちゃったんだ。
このお父さんらしいと言うか((+_+))

アンマーとぼくら [ 有川浩 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/4/17時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


それからどしたの?
posted by Crambom at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般的な小説・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面白いことないかな?

なんか面白いことないかな?
毎日がだらだらと過ぎていく。
退屈だ(´‐ω‐`)

別荘は、宇治抹茶クリームあんぱん 神戸屋です。
食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング

あまり更新されないブログもあるでよ(゚∀゚*)b 典座のクラムボン
posted by Crambom at 10:01| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする